スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    造化三神の謎!!

    0
      お待ちかねです。

      瀬織津姫が人とかコンピューターとか聴かされると、なんかショックですよね〜。
      すまんね。


      科学者の存在から全て生み出していた。なんてことを記録するのに、登場させたものです。
      死んでからは、コンピューターが指示を出していたものですから、何か解らなくなったら、カウンセリングのように瀬織津姫に伺いを立てて、指標にしていたみたいなのね。

      正確には、自分で答えが導き出せるようなプログラムが用意されていて、応答している間に、自分で自分の答えを閃いてしまう道筋を立ててくれる現在のタロットのようなコンピューターだったのです。

      うんうん、うちはそういうの好きです。

      今は、コンピューターより人の方が遙かに優れているから、この力を最大限に引き出す方法を実践して、伝える実験をしている所であります。

      ではでは、造化三神他を解説して行きます。

       

       
      続きを読む >>

      瀬織津姫登場!

      0
        ささ、お待ちかねです。

        日本神界、日本神話の物語りをぶち壊していきます!!


        憧れの的、瀬織津姫とか……。

         

         

        伊弉冉(イザナミ)の話し

        0
          質問です!
          「誰も間違ってはいなかった」
          この解釈がよく理解出来なくて。
          この世界良いも悪いもないなら、思いや何を正しいとするか一人一人違って構わない。ってことを受け入れる、ということなのでしょうか。

          究極、周りのひと全てが敵になってしまっても自分一人が自分のことを信じて貫き、理解されなくても構わないとする覚悟があれば良いのでしょうかね。。

          例えば自分が赦せない人がいたとして。その人を紐解いて理解することが、自分がその人を赦すことに繋がる一つのアプローチと考えてよいですか? 

          神世界の続きがとても楽しみです!

          質問ありがとうございます。

          >この世界良いも悪いもないなら、思いや何を正しいとするか一人一人違って構わない。ってことを受け入れる、ということなのでしょうか。
          そうなります。
          とはいえ、この解釈に対して5つのブロックがあるので、それを外さないと腑には落ちないって寸法です。

          >究極、周りのひと全てが敵になってしまっても自分一人が自分のことを信じて貫き、理解されなくても構わないとする覚悟があれば良いのでしょうかね。
          うん、これ実践できる覚悟で生きられたら色んな事を受け入れられるように変われるよ。他人を全く気にしない自分だけの世界に切り替わるからね。敵に変わることを認めていない心で、何を見ようとしても執着になるでしょう? 敵にしてもいいって開き直って、それを理路整然として受け入れられ、その上で自分の本心は敵にする気はないよ。って矛盾を受け入れていればいいのです。

          >例えば自分が赦せない人がいたとして。その人を紐解いて理解することが、自分がその人を赦すことに繋がる一つのアプローチと考えてよいですか? 
          その通りです。
          それを伝えています。それが出来るように変わる為に霊性開花が必要だとしています。
          相手を理解し、和解し、平和な世界に切り換える為に、人を受け入れる力として霊性能力を必要と謳うのです。

          ささ、前置きはこのくらいにして、日本神界について思うことをつらつら書き綴って行きます。




           

          天照大神とか

          0
            不思議話のオンパレードですが、まぁ、こういったものを今の私のレベルで読み解いたらどうなるのか?
            ってところに、私自身が興味を持つのですね。

            以前は、日本神界なる霊的世界は「ないよ」と読み取ったりもしたもので、あちゃーってな公表できるような話しにならず、表裏構造の初回版で解説していた程度でした。

            厳密には、「ないと言えばない」「あると言えばある」というもので、神さまと繋がり、チャネリングしている人がいるわけですから、「ある」と言えますが、そうしたものが自分の認識における投影によって生み出された幻想だと見抜いている人からしたら「ない」となる訳です。

            そんなことを言えばこの世界さえ、「あると言えばある」「ないと言えばない」などという空の世界であることとなるわけで、雲をも掴む話しに至ってしまう訳ですね。

            さてさて、どんな話しが飛び出すかな〜。


             

            ナイショの話し

            0
              表にはとても出せない裏話。

              なんたって証拠が無い。
              史実と違う!

              と来れば、言ったもんが勝ち的な世界であります。

              イエスが馬小屋で生まれたとかって嘘だしって言ったところで誰も信じないでしょうしね。

              聖徳太子も、存在しないというのが私の見解(リーディング)だったりするけれども。
              続きを読む >>


                   

              このブログは・・・

              記事によりアクセス制限を掛けさせて頂いております。ご了承下さい。
              アクセス制限を解く方法は2015年8月25日の記事をご覧くださいませ。

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << May 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • 忘却曲線
                みほ
              • 人を真似てみる
                みほ
              • 忘却曲線
                山内
              • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
                亜奈睦
              • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
                くみくみ
              • 乳がんにまつわる思いやりの裏側
                K.M
              • 癌にまつわる思いの罪
                大竹智美
              • 癌にまつわる思いの罪
                みほ
              • お金にまつわるブロックの数々
                山内
              • アダムとエバの失楽園の真実!
                みほ

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              PR