スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    チャイコフスキーって今、素敵な曲作るよね

    0
      思いを解放したら、何でも分かるようになってきたら素敵よね。


      といっても過去世が分かるだけで、未来が分かるわけではないのです。


      けれども、過去が受け入れられて読み解けるなら、未来は自ずと読めなくても平気で強く生きられます。
      さてさて〜。自分の仕事に追われつつ、ブログ書くのは大変でありますが、楽しいから楽しんでます。


      チャイコフスキーさんネタは、音楽家に限定させていただいたこともあり、みなさんピンと来られた感じですね。
      その通りです!


      皆さんの答え、エネルギーだけ見ていきます。

      答え:新垣隆
      山内
      03層019

      答え:小澤征爾
      ふ〜みん
      04層020

      答え:久石譲
      はむみ
      08層600

      答え:久石譲
      智美
      07層312

      答え:辻井伸行
      ひで
      01層012

      答え:久石譲
      スズキ
      06層312

      答え:久石譲
      なむなむ
      06層308

      答え:小澤征爾
      米本
      04層012

      答え:久石譲
      ともB
      06層308


      答え:久石譲
      ゆうこ
      08層460


      と、以上の方々の見ている領域にフォーカスして、表現してみました。

      当てている方、みんな300以上に至っているのが分かるかと思います。
      私が霊性と表現しているのが300以上のことなので、この領域に踏み込んでいただかないと、分かるものも分からないままにしてしまうというものです。


      うちはとても考える人なので、考えを深めたい人向けです。
      なので、こうした数値による解説でもって、自分の観ている領域がどんなレベルか知っていただきたいのですね。
      数値は微妙な誤差まで表します。
      もちろん感覚だけでも、誤差の違いを認識することが出来ます。


      チャイコフスキーは「久石譲」さんです!
      ってことが、一致して「うん、そうだ!」と感覚で合点が行くものと、他の人の名を挙げたときの微妙な違いを感じ取れたとき、感性は磨かれていきます。正しさを知らなければ修正することも出来ません。
      逆に間違いだ。と感づく感性があれば、正しさを見つけ出すまでやり続けることも出来ます。


      私の感性は正しさを見つけ出すまで彷徨い続ける感知力を養っています。
      常に「違和感」が届くので、それを違和感ないように心を整えていくという手法なのです。


      どの領域も999越えして、明け渡しの境地へと持って行けば、まだ整わない部分が炙り出されて「次はこれ」とばかりに突き付けられていきます。それをどれもこれも落とし込んでいけば、道は自然と見えてくるものです。


      解説をつけると、リーディング時間が膨大に取られるので、ごめんなさいね。

      数値だけがヒントになりますが、この数値から感性的な言葉に転換するのは、努力でしかありませんでした。


      霊能力は、感知力と再現力と表現力が必要となっていますので、感知しても再現性が伴わなければその時点でアウトです。この再現力は、どれだけ物事を既に知っているかという領域ですので、知識のない人に解釈しろという無茶があります。物事を体験や知識で取り揃えている前提が大事になります。芸術的センスが実はとても大事な部分です。

      絵を描いたことがない人は、観察眼がそれだけで、描ける人とは大きく違います。


      うちは、「霊性開きたい人」として、人を集めているところがあるので、基本自分と似た人を集めているようなものです。私の捉える感性を受け入れる傾向でなければ、霊性など開きようがないと見ているからです。傾向の違いはあれど、向いている方向は一緒という感覚ですね。


      だから、描写力を養っていない人に「再現力」を望んでもうーん、困ったなぁ。という感じになるんですよね。イメージ出来ないのに、その次の表現することなど夢また夢です。下支えの努力がないのに、いきなり描ければ悟っているようなものですから、何も伝えるものなどないです。


      サヴァン症候群など、健常者として生活に支障があっても、類い希なる力によって、曲のコピーや、写真のごとく絵を記憶だけで描き上げる精密さなどは、まさにそうした叡智と繋がる力です。これを言葉の領域で必要なものを降ろして届ける力として皆さんに広めようとしています。


      それには何より楽しむことです。


      好きでいることです。


      この「好き」という力は、絶大です。エゴも何も吹き飛ばす力があります。


      それ以上に「執着」しているものも好きな力であるため、中々どうして、分からなくなるものなんですよね。


      と言うわけで、ゴチャゴチャ書きましたが、名曲を創っている人は今世でもこんな活躍しているよって、楽しめましたかね?


      日本人で他に活躍して、見つけられた人として「山下達郎」さんがいます。
      彼は、「リスト」ですし、「桑田佳祐」さんは「パッヘルベル」です。


      海外のアーティストまで広げて探してみたりもして遊びましたが、まぁ機会があれば語るとしましょう。


      にしても久石譲さんのチャイコフスキーってなるほど〜って見たいな感覚あるよね。
      ショパンの坂本龍一さんなんて、うわぁ〜まんまっぽいって思ったりもした。


      過去世の偉人が今世で相見舞わると、こんな感覚なのかも知れませんね。


      昔通り、音楽活動に専念なさっていただいているので、そういう意味ではとても分かりやすくて有り難いってものです。


      また、何かネタが見つかりましたら、遊びましょう。
      遊び心が、時代を作るってね。


      解り合える関係になっても、原因が自分にしかないと知識で知っても、それでも尚、衝突する道をうまく受け入れていけない現実があるわけだしね。そこんところとか、更に探求して行きましょう。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.11 Wednesday
        • -
        • 12:27
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        知久石譲さん、ジブリ、は知っていても、ジブリの音楽を創っているのが久石譲さんで、久石譲さんは音楽家、と記憶していないのが致命的だと、誰もが知っている、と言われることを自分は知らない、その、どうせ知らないもんて意識から感じるのが層や方位なんだなと思った。
        • ひで
        • 2016/01/13 12:44 PM
        まきさん、アホな質問で恥ずかしいのだけど。
        「描写力」っていうのは実際に手を動かして、絵を描く力ってことですか?例えばイメージが写真や映像みたいに浮かんでくることが多いんだけど、それを表に出して、目に見える形にしてみるってことですか?
        って書いてたら、普段絵は描かないんだけど、やってみたくなったので、やってみまーす♪
        • 桂子
        • 2016/01/13 12:59 PM
        久石譲さんて、クインシー・ジョーンズを文字って名付けられたそうですが。。。
        じゃぁ、久石さんが興味を持ったジョーンズ氏は一体誰なんだろう?
        チャイコフスキーの4魂同志だったりするのかな?
        という感じで、どんどん広がって行きますね^^
        転生しても過去世での能力を活かせる生き方をしてる方を発見する楽しみ。味わえるようになりたいモノです。
        • shiho
        • 2016/01/14 12:29 AM
        >桂子さん
        描写力はそのまま、絵を書く力と見て良いです。
        頭に浮かべたイメージも再現力として表現していいですが、それを描写する力が備わると、人に伝える力としての表現力も合わせて鍛えられます。
        手を動かすこともいいイメージ力を増すことにも繋がるので、やってみてね〜。降りてくる人たちは、全部頭のなだけで仕上げて、下書きなしに描き上げたりするもんだからね〜。
        生き生きさを織り込みたい時は、やはりリーディング力として届けられたものを表現できるといいよね。って、絵で力を使って再現したことはないんだが。
        • 言霊師まき
        • 2016/01/14 12:51 AM
        クインシー・ジョーンズネタ提供ありがとうございます。
        調べれば出て来ますね!
        アントン・ルビンシテインって方が、クインシー・ジョーンズです。
        弟子で親友だったとウィキに書いてありました。
        久石譲さんが尊敬してやまない理由がある訳ですね。
        チャイコフスキーは3番目の魂ですので、これに見事ヒットしております。
        • 言霊師まき
        • 2016/01/14 12:58 AM
        まきさん、わかりやすくお返事いただいて、ありがとうございました!
        新たな世界が広がるかもー。
        • 桂子
        • 2016/01/14 6:59 AM
        コメントする








           

             

        このブログは・・・

        記事によりアクセス制限を掛けさせて頂いております。ご了承下さい。
        アクセス制限を解く方法は2015年8月25日の記事をご覧くださいませ。

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 忘却曲線
          みほ
        • 人を真似てみる
          みほ
        • 忘却曲線
          山内
        • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
          亜奈睦
        • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
          くみくみ
        • 乳がんにまつわる思いやりの裏側
          K.M
        • 癌にまつわる思いの罪
          大竹智美
        • 癌にまつわる思いの罪
          みほ
        • お金にまつわるブロックの数々
          山内
        • アダムとエバの失楽園の真実!
          みほ

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR