スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    あなたの個性

    0

      おはようございます。

       

       

      勢いで書いていたものの、セッションが丸一日費やすと、朝が起きられない。

      こんな夜分まで起きているからだともいう。

       

       

      本当はこの記事、とうの昔に上げられたのに、消してしまっての書き直し。

       

       

      書き直すように、記事の修正が入ったから、それで良かったのかも。

       

       

      今回は9タイプから6種の内外のタイプを出して、そこから3タイプを抽出するというところまで見ていきたいと思います。

       

       


       

      とにかく、日本人ライズしたものを考えてます。

      元々はPCMを参考にしているものの、オリジナルです。

      統計学なども、コミュニケーションについての参考資料もないですからね。

      引用もしませんし。

       

       

      実際のメソッドがどんな具合に仕上がるかは謎です。

       

       

      取りあえず、6種内外ということで、12タイプを算出していきます。

       

       

      タイプ1表→雄弁者 →熱弁者×
      タイプ1裏→代弁者 →代表者×→観察者/理論者
      タイプ2表→従順者◇
      タイプ2裏→追従者◇→共感者→→提供者/穏健者
      タイプ3東→撹乱者 →先導者△
      タイプ3南→注目者○
      タイプ3西→官能者○→完成者→→想像者/創造者
      タイプ3北→解放者 →誘導者→→能力者/一般者
      タイプ4表→倫理者 →議論者□
      タイプ4裏→合理者 →考察者□→確認者/勤勉者
      タイプ5表→中心者▽
      タイプ5裏→決定者▽→改革者△→用心者/実践者

       

       

      9つのタイプに統合して、そこからまた6種に統合するのだけれど、内外と、身内に見せるタイプと他人に見せるタイプが表裏的な構造で背中合わせになっていることを示したものです。

       

       

      この6セット、12種類のタイプから基本の3タイプをチョイスしていくって流れです。

       

       

      取りあえず、自分を実験にやってみる。

       

       

      今牧真道は、実践者/創造者/勤勉者、の3つにタイプとして並べられる。

      これは、「姿勢/表現/評価」という見方で、3つまとめて一つの個性として自己紹介出来るって意味です。

       

      シンプルに、今牧真道は、実践的姿勢で、創造的表現をし、勤勉な評価を受けている人です。

      というと、わかりやすいって事です。

       

       

      まずは、こんな具合に、「あなたってどんな人?」と尋ねられたら、わたしってこんな人よ。

      って答えられる個性表みたいなのが出来たらいいかな? って思ったわけです。
      というか降りてきた感じ。
       
       
      PCMもさ、下三つしか見ないのよ。
      だから三つで十分ね。
       
       
      後々のコミュニケーションの時に、いろんなタイプにどう関わるかって出て来ると思うの。
       
       
      真道は、「聴きたくなる気持ち」って言うと、「実践者」の内側にある「用心者」に話しかけてもらわないといけないのね。
      基本スタイルの姿勢が「実践者」だから、この基準の姿勢の裏側にノックするの。
      ノックできる人は「実践者」だけね。www
       
       
       
      つまり、同じタイプでないと会話がはじまらないの。
      「実践者」として声かけてくれる人って、あんまり居ないから、困りもの。
       
       
      真道が、「くつろぎたくなる気持ち」って言うと「用心者」で話しかけてくれる人ってなるんだよね。
      結局、基準の姿勢が中心ってことになる。
      真道が、「警戒心むき出しになる」って言うと「理論者」で関われる時ね。身構えちゃう。
      真道が、「不快感を覚える」って言うと「確認者」でノックされる時だね。辛いの。
       
       
      こんな具合に、自分の基本姿勢が「なにか」が定まれば、どの姿勢タイプで関われるかによって、12パターンの反応が自動的に定まるっても言える。
       
       
      相手がいきなり玄関に立たれても、お望みの姿勢が出てこないのね。
       
       
      「確認者」という玄関口に立たれると「実践者」は不快を示すでしょ?
      でも確認者は、実践者を呼び出したいんじゃないの。「穏健者」をご所望なのね。
      だから確認者からすると、実践者が出て来て「なんであんたが出て来るのよ」って互いに不機嫌に陥るわけ。
        
       
      言い方変えれば、不快感となる確認者が尋ねてきても穏健者で出迎えられたらいいって話ね。
       
       
      真道の、穏健者ってどこにいるの?
      わたしが知りたいわ。
       
       
      「格別に大事にしている人」だよって自分に指示すると、「穏健者」って顔が出て来るみたい。
      なるほど〜。全く無意識では絶対に出てこないな!
      というか、こんな基本姿勢の部分を切り換える発想はないわ!!
      どこまでも実践! とことん実践! ブロック外しして自分の在り方そのものを変えて、その素で関わる道を行く!!
      うん、なるほど納得だわ。
       
       
      こんな感じで自分の「姿勢/表現/評価」がどんな具合で、人と絡み合っているのか検証して、人に合わせて対応を変えられる力を養えたら、コミュニケーションは格段に良くなるってことね。
        
      それでいて、ミスコミュニケーションの時に進化できる道も作っておくってこと。
      それはハイクラスだろうけど。
       
       
      楽しくなってきた!

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.11 Wednesday
        • -
        • 08:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

             

        このブログは・・・

        記事によりアクセス制限を掛けさせて頂いております。ご了承下さい。
        アクセス制限を解く方法は2015年8月25日の記事をご覧くださいませ。

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 忘却曲線
          みほ
        • 人を真似てみる
          みほ
        • 忘却曲線
          山内
        • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
          亜奈睦
        • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
          くみくみ
        • 乳がんにまつわる思いやりの裏側
          K.M
        • 癌にまつわる思いの罪
          大竹智美
        • 癌にまつわる思いの罪
          みほ
        • お金にまつわるブロックの数々
          山内
        • アダムとエバの失楽園の真実!
          みほ

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR