スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    乳がんにまつわる思いやりの裏側

    0

      乳がんってどうして発症するようになってしまったんだろうね。

       
      それをどうにも解決できないかと、色々な角度から読み解いて行こうと思う。
       
       
      霊性の力ってさ。結局のところ、リアルに役立つ力になるかどうかだと思うの。
       
       
      しかも、精神面ではなく現実面で!!
      つまり肉体的な変容が目の当たりにいつでも起こせるくらいのものに出来ればさ、認知が引っ繰り返ると思うね。
       
       
      やはり、再現性って大事なのよ。
       
       
      どんな否定的な想念を受けても、それを透過してすり抜けて、思いを現実化してしまえるものくらいにね。
       
       
      こういうのは水面下でみんなに見せないところで研究しつづけていたもの。
        
       
      でも、見せていく。
       
       
      うまく行かなくても、その姿を見せて、うまく行くように変えて行く過程も届けてみる。
       
       

       


       

          

       

       

       

      気になる乳がんについてエネルギーを解説してみることにする。

       

       

      1.乳がんとは、「一番大切なものを犠牲にしてでも守りたいものがある」という病気。

       

      2.乳がんとは、「大切なものを失わなければ、絶対気づこうとしないものがある」という病気。

       

      3.乳がんとは、「隠し続けようとするものの、周りには伝わっていることに気づかず一人奮闘するものである」という病気。

       

      4.乳がんとは、「心を入れ替えれば治ると知りながら、それを選ばず孤高に生きることを選ぼうとするものである」という病気。

       

       

      とまぁ、こんな風にリーディングすると読み解ける表現となるので、「乳がん」になると戦う傾向が出て来てしまうんだよね。

       

       

      上記は、当事者に対する思いね。

      それに相対する関係者の思いを拾い上げてみる。

        

       

      5.乳がんとは、「支えることも出来ないと思い知らされ、自分の無力さを受け入れられない」という病気。

       

      6.乳がんとは、「手遅れになるまで気づかずに、後悔することが目的になっていることに気づけない」という病気。

       

      7.乳がんとは、「孤立させていることに気づかず、自分で決めて歩いて行くことこそが道だと信じて疑わない頑固者」という病気。

       

      8.乳がんとは、「自分を犠牲にしてでも、人を助けることの妄執に取り憑かれて人の意見が聞けなくなる」という病気。

       

       

      こうした関係者の思いが、乳がんを悪化させる方向へ力を貸しているとも言えるね。とっても残念な話だけど。

      思いやりとは全く別次元なんだよね。

      助けたい気持ち、治ってほしい気持ちとは違う心を入れ替える必要がある。

      だからといって、これらを全部整えられたら本当になるのか? なんて実証事例も統計学的に算出されていないから眉唾情報なんだけどね。

       

       

      それでいて、赤の他人も乳がんを目撃している場合、加害者としての視座もあるので、それを紹介するね。

       

       

      9.乳がんとは、「好きなことを決してやらないと決め、我慢を我慢と思わず人の為に尽くす生き方こそ美しい。と好きなことをしている人を見ると許せなくなる念を飛ばす」という病気。

       

       

      こんなものは無意識レベルなので、自身で気づける筈もない。

      特に日本は「好きなことをしてはならない」風潮が高いからね。やると村八分にされるから。まず身内が反対するからね。

       

       

      そして、乳がんを根底で支える関係者共通の思いというのがある。

       

       

      10.乳がんとは、「自分の考えを人の意思で曲げたりなどしない」と無意識にしている病気。

       

       

      致命傷な想念だよね。癌は頑固の癌というものね。

      人に相談しても、相談者の意見とか聴いていない自分がいることに気づかない人って沢山いるものね。

      そら無理だわ。しかも関係者共通と来たもの。これが10番目の領域としてあるんだ。←初発見

       

       

      つーか、今回のこの記事、どれも初領域が多いんだけど。

       

       

      さらに続く。

       

       

      その上、関係者全員が共通して気づいていることをあげるね。

       

       

      11.乳がんとは、「大切なものを捨てでも、守らなければならないものがある」という確固たる確信を持つ病気。

       

       

      だから、乳房を全摘するって解釈から逃れられないのだよね。

      そして、覚悟しちゃうの。

       

       

      そして1〜8に対して裏側の影の話しもある。

       

       

      12.乳がんとは、「人に喪失感を与えた分だけ受け取らなければならないとき、胸を失って味わうもの」とする病気。

       

      13.乳がんとは、「大切なものを失わなければ、幸せになってはいけないという幻想に囚われて逃れられないでいる」病気。

       

      14.乳がんとは、「自分に注目を集めるため、自分の大切なものを取引として生け贄に捧げ、愛されている実感を得ようとする」病気。

       

      15.乳がんとは、「誰かが損な役回りを引き受けなければならないとしており、自分がその役に相応しいと価値のないものに価値を与え、価値のあるものを無価値にしてしまう」病気。

       

      16.乳がんとは、「自分でないことにホッとしつつも、そんな自分を責め立てて苦しみ続ける」ための病気。

       

      17.乳がんとは、「大切なものを人質に取られても、自分のしたいことを犠牲には出来ないと非情な自分を責める」ための病気。

        

       

      18.乳がんとは、「わかり合えないことの原因は自分にあると責め立て、相手に言いたいことを言わずに我慢し続ける」ための病気。

        

       

      19.乳がんとは、「大切なもの全部捨てでも、あなたを支え助けるわと、相手の意見を無視してでも「良いこと」に邁進し続けることで、自分を見捨てている自分に気づかぬようにし続ける」病気。

       

       

      12〜15.は自身の影、16〜19.は他者から見た影だからね。

      あるあるって感じよね。

       

       

      それで、またこれら影にも共通の土台というものがある。

       

       

      20.乳がんとは、「情け容赦ない自分が嫌い」という病気。

       

       

      まぁ、人の心があれば、情け容赦ない自分を好むことができるもんでもないけどね。でもその結果、誰かを癌に追いやるとするなら、手放した方がいいものだよね。自分の体なら放置出来ても、人の体だと放置出来ないもの。学びは良く出来ている。

       

       

      そして、この裏の影に気づいている共通の思いというのがあり、11.の共通の思いと相対的に繋がり合ってループになっている思いがある。

       

       

      21.乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のことをいう。

       

       

      そうだわな。当たり前のことでもある。

      大切にするという定義も気になるところだけれど、多くの癌患者は、どこかしら何か履き違えて「常識」や「道徳」に縛られて、思いが自由になっていないと思われるから。

       

       

      これがわたしが拾い出した「乳がんに対する思いの定義」です。

      この定義から逆算するというか、引っかかる思いを全部拾い出していけば、乳がんにまつわる加害的な想念の払拭が測れると考えています。もっとも、こんなものは今し方拾い出したもので臨床実験さえないもの。

       
       
      まずはわたしに当てはめて、それで引っかかる共通の土台など見つかればそれらを外して行くことして行きます。
       
       
      霊性は社会に大いに役立つものであれば、認知は劇的に変わる。
      やっぱり病気を治して奇跡起こしたいしね。だから起こすの!

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.11 Wednesday
        • -
        • 08:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        霊性が社会に役立って、みんなの認知が劇的に変わる日が来る、そんな日を目の当たりにしたいと思います。

        心の病気、身体の病気で苦しむ人に、役立つ人になりたいと思っていました。

        すごいですね。
        でも、当たり前に出来る日が、そう遠くないですね。
        • K.M
        • 2016/09/04 4:01 PM
        コメントする








           

             

        このブログは・・・

        記事によりアクセス制限を掛けさせて頂いております。ご了承下さい。
        アクセス制限を解く方法は2015年8月25日の記事をご覧くださいませ。

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 忘却曲線
          みほ
        • 人を真似てみる
          みほ
        • 忘却曲線
          山内
        • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
          亜奈睦
        • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
          くみくみ
        • 乳がんにまつわる思いやりの裏側
          K.M
        • 癌にまつわる思いの罪
          大竹智美
        • 癌にまつわる思いの罪
          みほ
        • お金にまつわるブロックの数々
          山内
        • アダムとエバの失楽園の真実!
          みほ

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR