スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    乳房からの訴えが乳がん

    0

      更に覚醒して妙覚の領域に入ると、これはこれで毎日しんどいことがわかります。

       

      ほっといても未調整の心にフォーカスされ、否応なく自身を整える流れがやって来ます。

       

       

      簡単便利です。

       

       

      昨日、今日と、朝からキーワードを唱えて感情解放に明け暮れております。

      全てと繋がっているって状態だから、整ってないのは勝手に炙り出されて「ほら、これ」って感じだし、言霊放てば一発で大号泣みたいな感じになるから、言えれば済むもんだけど、相も変わらず「言霊」を見つけるのは早かったり、遅かったりする。

       

       

      今し方999+1回唱えるワークで吐き出して、やっと元に戻ってこれました。

      あー、しんどかった。

      寝ている間に、心身的な境地がズレるの勘弁してもらいたいわ。

       

      ズレを正していくのが大変。

      なんでズレているかもわからんし。

       

       

      でもまぁ、この境地に至るから、読誦とかの大事さを訴えるようになるんだろうね。

       

       

      体感が大事だけど、これがもう本当に難しいよね。人にどう伝えればいいのかってさ。

      ある程度出来ている人でさえ、その先の境地へ導くことが困難だもの。

       

       

      本気出している人に「それでもやる気あるのか」と言う他ないことと、言われて落ち込めるというのは図星だという構図がわかっていると、本当に凹むしね。

       

      そんなスパルタが出来るのもあと僅かな間だけだと思う。

      今、こうして全てと繋がった故の反応として噴き出しているものが納まると、関わり方が変わると思うのね。

      どう変わるかわからんけど。

       

      益々、既読スルーが起きるかも。

      返信がないときは、自分で放った思いを考えてね。

       


       

      続きを読む >>

      もう一つの乳がん続き

      0

        忙しく過ごしていますが、毎日が充実しています。

         

        みなさんはどうですか?

         

         

        今日、最後の覚醒を果たしました。

        無上覚だっけ?

         

        Wikipediaの菩薩の項目に52段階の覚醒の表現がありました。

         

        無上覚と思っていたら、妙覚ってあるじゃないですか。

         

         

        この妙覚を体感に至りましたから、やっと最終段階に到達出来たって感覚です。

        もちろん、至らぬエゴは見つけた途端に外れていく流れに入ったので、瞬間瞬間こそげ墜ちて行くものだとわかります。

         

         

        なるほど、これが仏陀ね。

        これは掴めんわ。

         

         

        これ、この段階に入ると、人に伝える術を失うよ。

        だから、ここからはもうわたしからは何も引き出すことが出来ないと思っていいかも知れない。

        わたしも、どんな具合にセッションしていくかはわからないけど、このレベルは段違いに違うことは伝えておきます。

         

         


         


        もう一つの乳がんとは

        0

          前置き

           

          彼岸と此岸の違いを捉えることが出来て、彼岸にいる人、此岸にいる人がなんとなく識別出来るようになりました。

           

          だから、なんだって話です。

           

          同じ世界にいます。

           

          触れ合えます、関われます。

           

          どちらが優れているとかの話しではなく、そうした違いがあるというものです。

           

          ただ、彼岸と此岸では捉え方が違うと思われ、彼岸と彼岸にいる者と、此岸と此岸にいる者とハッキリ分かれ、彼岸にいる者と此岸にいる者は相まみえることが出来ないと思われます。此岸にいる者が彼岸に渡り会うことは可能です。彼岸にいる者が此岸に渡り会うことは可能です。渡ってしまうため、彼岸を此岸に持ち込めません。此岸を彼岸に持ち込めません。

           

           

          とまぁ、なんとなくそんなイメージかなぁとまだ、これも仮説でしかなく、リーディングでもありません。

          彼岸の話しを此岸に持ち込んでも、届かないだけですし、理解不能ですから意味を為さないってことです。

           

           

          つまり、此岸を最初から捉えて、それに向けて発信していきませんとね。

          そして此岸から彼岸に渡る道を作れるのかどうか?

          そこが気になるポイントとして、今感じています。

           

           


           


          乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと

          0

            前置き

             

            わたし自身にも乳がんに荷担する心があるようですから、それを紐解いて行きます。

             

            これをシェアすれば、共通の土台部分の思いは取り祓われることになるのではないかと期待が持てます。

             

            とはいえ、現実で確認出来なければ意味がありません。

             

             

            わたしのカウンセリングは、病床に伏しているような人ではなく、一般生活が普通に行えて、なんら精神的にも破綻しているわけでもなく、誰とでもそこそこは付き合えていながら、それでいて孤立しているような人に対して行っていると見ています。

             

             

            ヨーガ療法を学んでいた時などは、事例で見せられるものが思うように体が動かなくなっているとか、トラウマで大変な状態になっているとか、それをヨーガのポーズや呼吸法で回復に向かわせるものでした。それを習っても、関わるクライアントはそちらではなく健康な人でした。

             

             

            もっとも、霊性開花を目的にしているので、病床とは無縁であるのは当たり前ですけどね。

            じゃ、その霊性を開いた先の道は?

             

             

            そこに病気などを寛解(かんかい→治ること)に向かわせる道が拓かれないとね。

             

             

             


             


            共通の土台

            0

              病は気から。

               

               

              そうは言っても、どの「気」がどのように関わって、病気へと至っていくのかそのメカニズムが解明出来ればノーベル賞ものだと思う。

               

               

              中医学としての陰陽五行説なども絶対的に読み解けているというものでもない。

               

               

              構造、メカニズムは確かにそうかも知れないけれど、個々、個人に適用できるか? というとそうでもない。

               

               

              何しろ、見るものの影響もある。見られるもの自身の心の構造もある。

              その両者が引き合わなければ治らないこともあるとするなら、構造を解明するに至ることなど出来るのか?

               

               

              それでも、やって新たな扉を開いていくのみである。

               

               


               

               

               

              続きを読む >>


                   

              このブログは・・・

              記事によりアクセス制限を掛けさせて頂いております。ご了承下さい。
              アクセス制限を解く方法は2015年8月25日の記事をご覧くださいませ。

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << June 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • 忘却曲線
                みほ
              • 人を真似てみる
                みほ
              • 忘却曲線
                山内
              • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
                亜奈睦
              • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
                くみくみ
              • 乳がんにまつわる思いやりの裏側
                K.M
              • 癌にまつわる思いの罪
                大竹智美
              • 癌にまつわる思いの罪
                みほ
              • お金にまつわるブロックの数々
                山内
              • アダムとエバの失楽園の真実!
                みほ

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              PR