スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    サタンと呼ばれし その4

    0

       

      お待たせしました。

      今日は、亜奈睦ちゃんのライブの為、智頭町へと足を運んでおります。
      その車の中からアップです。
      道中、フルに時間を費やしての投稿なので、やはりこの性格診断は調子良いといいけれど、乗れてないと時間取って仕方がないですな。それを避けるつもりで小出しにしたつもりだが、結局連日アップならないと、中々ペースが思うように取れないです。
      天使も名だたる天使がそれなりに性格付けされて、紹介されていればいいけれど、四大天使以外はほんと少なくてね、ウィキで調べるといっぱい出てくるけど、わかんないものだらけ。
      きっと、この中にみんなの名前も何人かはいると思う。
      まぁ、この当時天使になった人たちは、今世も意識が高まり天使レベルに引き上がり、3万年前以上の意識の飛躍が起こせる筈だから、流れに乗って羽ばたきましょうってなものです。
      ではでは。

       

      続きを読む >>

      サタンと呼ばれし その3

      0

         

        毎日更新ってつもりで短くしたにも関わらず、連日アップできずにごめんなさい。

         

        フルリーディングは時間かかるの。何だかんだ言ってもね。

        もっとスラスラ書けるようになりたいわ。

         

        天使ネタももっと幅広く、自分のネタでも絡まっていかないと楽しくない人も居そうだよね。

        性格当て診断! なんて流れになっているけど、色んな角度からや、勝手な解釈やらで歪められてもいるからね。

        世の中に出回っている天使情報と、このリアルな情報は相容れないものですものね。

         

        セラフィムだっけ? 熾天使(してんし)っての。聖書に書かれているとか。これ、造語といか作り上げられた天使で実在していません。
        おそらく「ハエヱンヤン」通称「ハーン」のことを読み取ろうとして、読めずに自身の姿を投影して理想化したものがセラフィムです。

        このハーン、イエスの過去世に当たるからね。セラフィムは造天使だから読み取る気がなかったけど、ハーンの性格ならいいかもね。

         

        キリスト教はイエスを崇めているわけではないけど、四大天使とかイエスに仕えるみたいになっちゃっているからね。その方がイメージしやすいからかな。何でもあり〜って感じだしね。学術よりも娯楽がいいし。本当のことより嘘の方がウケが良いし。

         

        そんな訳で、あれこれ雑学というか、なんつーか、ざっくばらんにまとまりなく書いております。

         


         


        サタンと呼ばれし その2

        0


          サタンを取り上げましたが、人の意識の延長と聴くと可愛いものです。

          これまでの紹介も東という角度からストレートに表現したものですけど、南西というゴシップ大好きな表現になると、いくらでも盛ることが出来るので、これまでの天使も散々たる表現も可能です。
          東というストレートに対して、西という変化球に富んだ表現は嘘偽りがてんこ盛りなんですよね。
          よくもまぁ、事実をそこまで曲解して表現できるわってほどにね。
          それでも、そう見えているし、そう感じているし、そう共感できるのだから仕方ないものです。
          人の意識が高まるとどのように見えていくのか、観察していってください。
           

          サタンと呼ばれし その1

          0



            残酷な企画ですが、天使ですからね! ←どっちじゃ


            楽しんでください。


             

            あいつがウリエル!?

            0


              さて、タロット講座の資料も仕上がり、意気揚々と天使ネタを書き上げましたですよ。
               
              天使ネタと言わず、多分この性格診断的な表現は面白いですな。
              一人ひとり天使でなくてもやると「まさにそう」ってなりそうですわ。
              逆に言い換えれば、そんな心を持っていても、意識上げるとそういう側面もでてくるって話しなんだよね。
              低いレベルも高いレベルも自分なんだから、どれも嫌わずにおられたらいいよね。って話し。
               
              四大天使の次は悪魔ネタで行きます。
              物語上にしか存在しない悪魔ですが、見方ってのは悪魔側から見たら、天使の方が悪魔って見られたりするものだからね。なんとも言えんものだけど、客観的事実があると思っている人からは見えない世界だよね。

               

               
              続きを読む >>


                   

              このブログは・・・

              記事によりアクセス制限を掛けさせて頂いております。ご了承下さい。
              アクセス制限を解く方法は2015年8月25日の記事をご覧くださいませ。

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << June 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • 忘却曲線
                みほ
              • 人を真似てみる
                みほ
              • 忘却曲線
                山内
              • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
                亜奈睦
              • 乳がんとは、「わたしが私を大切にしてほしい」と体からのサインを無視し続ける病気のこと
                くみくみ
              • 乳がんにまつわる思いやりの裏側
                K.M
              • 癌にまつわる思いの罪
                大竹智美
              • 癌にまつわる思いの罪
                みほ
              • お金にまつわるブロックの数々
                山内
              • アダムとエバの失楽園の真実!
                みほ

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              PR